人気ブログランキング |
ブログトップ

超フォトブック散歩

topblue.exblog.jp

写真撮影・カメラ・レンズ・そして散歩をしようかな!

カテゴリ:おっさんのハイカー紀行( 11 )

きのこの勉強をしている。

これがなかなかむずかしい。
幼菌と老菌とでは、形も色もツヤも変わって
判断がつきにくい。

秋の尾瀬で出会ったきのこです。
もし違っていたらごめんなさい。

1.ハナイグチ
a0185639_2302430.jpg
a0185639_2305182.jpg
a0185639_2311147.jpg

カラマツ林に群生するきのこで、テカテカのぬめりが強い
(大清水平から尾瀬沼南岸分岐への登山道 2013年10月11日)

2.ドクベニタケ
a0185639_23171411.jpg
a0185639_23173581.jpg
a0185639_23175871.jpg

真っ赤な毒キノコ
笠の裏側のすじがきれい
(尾瀬沼北岸の木道脇 2013年10月11日)

3.ベニテングタケ
a0185639_23253937.jpg

笠のイボイボが特徴の毒キノコ
ヨーロッパでは幸福のきのこと呼ばれているそうだが食べてはだめ!
(尾瀬沼南岸木道脇 2013年10月12日)

3種類しか写真に撮らなかったので勉強してるなんて言えないですね。
まあボチボチ覚えていきますから。
なんせ植物にめっぽう弱いので。
言い訳ばかりだ!

では また!
by top-bluediamond | 2013-11-19 23:36 | おっさんのハイカー紀行
ご無沙汰でした!

今年3回目の尾瀬です。
35年前に何度か歩いた尾瀬、今年復活しました。
尾瀬の環境保護に貢献してきた民間ボランティア団体が独自に認定する
尾瀬自然保護指導員になるために。

訪れるハイカーへのゴミの持ち帰り、木道を降りて湿原を歩くことが無いように
啓蒙したり、時には尾瀬の説明をしたり、登山道、蝶、外来植物、シカの食害調査
などなど。

定年が近くとなるとやりたいことがいっぱい出てきて体が足りない。
来年の土、日はほとんど埋まってしまった!

尾瀬自然保護指導員
a0185639_15391920.jpg

尾瀬沼から燧ケ岳
a0185639_15431956.jpg

ビューポイントの有名な三本カラマツ
a0185639_1547060.jpg

冠雪の燧ケ岳
a0185639_15471582.jpg

青い空と尾瀬ヶ原
a0185639_15531812.jpg


では、また!
by top-bluediamond | 2013-10-19 17:02 | おっさんのハイカー紀行
用はストックである。
スキーのストックなら使ったことがあるが、山登りで使うのは生まれて初めてである。
a0185639_23164362.jpg
a0185639_23172481.jpg

a0185639_23225798.jpg

a0185639_2317512.jpg


「下りが楽だ。」

「疲れが違う。」

などという言葉にだまされて、LEKI(レーキ)なるドイツメーカーのチェコ製を買ったのである。

LEKI クレシダ ウルトラライト チタニュウム 2本で518g(実測522g) 
たぶんレディス用 手の小さい私にはこのグリップが一番しっくりしていた

2本ペアのチタニュウム製である。
でも1本をザックにくくりつけ奥多摩の酉谷山へ行ってきた。

a0185639_23182551.jpg
a0185639_23185058.jpg
a0185639_2319381.jpg


その結果は、木の根につまずいて顔から地面に転倒、
別な木の根に鼻をいやというほどぶつけて鼻血噴出と鼻の下に裂傷を負うというケガを負った。
やはり慣れない物は使わないか、慣れるまで慎重に使用しなければダメだね。

a0185639_23282944.jpg

a0185639_23192659.jpg

a0185639_2319459.jpg
a0185639_23202980.jpg

a0185639_23291947.jpg


下りでは腰が引けてバランスが悪い。下りでストックを持つのは邪魔だ。
もののホームページでは下りでのストック使用は、とても有効で膝への負担が極端に軽減されると
書いてるが、私には危険だ。それ以降当然、下りではストックはしまって降りてきた。
登りではザックの重さと自分の体重を一歩上方に上げるには、確かに腕の力が加わる分楽である。


昔、強力(ごーりき)さん、ボッカさんは、一本の木の杖を持って大きな荷物を運んだもんだ。
休憩するときにその木の杖をお尻にさし、しばしの休憩をするのである。

これが登山中に

「一本入れる」

今で言う 「休憩する」ということを指しているのである。

休憩する際に、私も含めて老人登山者たちが 

「一本入れるか?」といったらかなり年をとった登山者と見て良い。

尾瀬でのボッカは杖を持たずに歩いていた。
木道が引かれて歩きやすいのと、休憩場所のベンチがいいところに在るからだそうだ。

さて今週は東京都No.1の高さを持つ雲取山へ行ってくるが、ストックは持って行かないだろうな。

では、また!
by top-bluediamond | 2013-07-24 23:24 | おっさんのハイカー紀行
大晦日です
正直、長かったようで短かった一年でした
公私ともにいろんな事がありましたが、なぜか
来年の方がさらにいろんな事がありそうな
予感がします。

1.一杯水の非難小屋
a0185639_16463396.jpg

2.三つドッケ(天目山)頂上
a0185639_16481816.jpg

3.三つドッケ展望
a0185639_16494982.jpg

4.蕎麦粒山頂上
a0185639_16512266.jpg

5.日向沢の峰展望
a0185639_16543427.jpg

6.日向沢林道の紅葉
a0185639_16552974.jpg

7.富士に願いを(三つドッケ山頂)
a0185639_1657995.jpg


一年ごくろうさまでした。
来年もさらに良い年でありますように!

年末の忘年山行に行けなかったので
今年一番の思い出の奥多摩
(2012年11月4日奥多摩三つドッケ・蕎麦粒山)
by top-bluediamond | 2012-12-31 17:01 | おっさんのハイカー紀行
陽だまりのスカリ山からユガテ

1.地下におんなの将軍が?
a0185639_12451517.jpg

2.そらには大将軍が?
a0185639_12472761.jpg

3.こまえき
a0185639_1248761.jpg

その大昔、朝鮮の高麗からの帰化人が
住み着いた埼玉県は高麗(コマ)
駅前にはトーテムポールのような碑が
4.北を向いて
a0185639_12541230.jpg

本当に北を向いてます、
コンパスで確認しました
5.スカリとは?
a0185639_12561231.jpg

どういう意味かわかりません!
山に入ると不思議な名前が結構付いてます
ドッケ、ダワ、タワ、タバ、デンデイロ、
古代朝鮮語が変化して日本語になってる
そうです。
6.里山の陽だまり
a0185639_13352624.jpg

7.ユガデ
a0185639_13361523.jpg

不思議な名前です。
昔、温泉が天まで吹き上がっていたということで

「湯が天」

ゆがてん

ゆがて

ユガテ

8.奥武蔵の山々
a0185639_1341108.jpg

冬の晴れ間を一日楽しんだ陽だまりハイクでした。

2012年12月23日(日)
by top-bluediamond | 2012-12-30 13:43 | おっさんのハイカー紀行
稲村岩~鷹ノ巣山~六つ石山

10月の奥多摩です。
ノドがいたいけど行ってきました。
メジャーな鷹ノ巣山を稲村岩から攻めてみた。奥多摩はどこを登っても
メジャーだけど、このルートは長い急登が続き手ごわいとのこと。
1.どこから登るのか?稲村岩
a0185639_2147526.jpg

2.日原川
a0185639_2148895.jpg

3.沢沿い
a0185639_21523232.jpg

稲村岩は手と足を交互に一つだけ動かす、山登りでよく言う3点支持で
登らないと、落ちます!
4.稲村岩
a0185639_21542834.jpg

稲村岩、潅木が邪魔して頂上からの展望はあまり良くないが、奥多摩を
愛する方は、一度は攻め上がったら面白いかなと思います。
5.稲村岩頂上
a0185639_21551057.jpg


鷹ノ巣山へは、ただただ黙々と登っていきます。きついです。
頭を空にして!何でこんな苦しい思いをして登るだろうか?
私はいつも空っぽなので、こういうドMには耐性が強いです。
まあ山登りをする人は、一般的に変人が多いのでこれくらいの登りは何でも
ないのでしょう。きっと!
と言うと、クレームが来るかな?
6.鷹ノ巣山頂上
a0185639_2157213.jpg

鷹ノ巣山の頂上は広く、展望は奥多摩の有名どころの御前山、大岳山、御岳山が
良く見えます。 晴れてれば!
7.頂上展望
a0185639_21594559.jpg


六つ石山分岐へは広々とした防火帯の尾根道を軽快に歩きます。
登り返して六つ石山頂上へ。
ガスって見晴らし悪し。これも山では良くあること。
ふて腐らずに、奥多摩駅までの長-い下りをまたまた黙々と、考え事を
しながら。「あっ! いや!」 下りは考え事などしてはいけません。
集中力を高め、足元と先を注意深く見ながら降りないと大変なことに
なりますよ!
8.日原川清流
a0185639_2211733.jpg

楽しんだ奥多摩登山のあと、2週間も風邪を引きずったのは、やはり
老いぼれになってきた証拠でした。
9.奥多摩駅
a0185639_222357.jpg


2012年10月6日(土)
奥多摩 日原バス停-稲村岩-鷹ノ巣山-六つ石山-JR奥多摩駅
by top-bluediamond | 2012-12-26 22:05 | おっさんのハイカー紀行
コブタカ山~本仁田山~川苔山~百尋の滝

3月から再開した軽ハイキングも12月16日(日)で20回を数えました。
来年は毎週(52週)に挑戦、なんて無理です! 最初から出来ない
マニフェストは掲げません!
でも40回ぐらいは目指そうかな?

奥武蔵や奥秩父だけでなく奥多摩の山々へも遠征してるんですよ。
自宅から奥多摩方面へJRを3回ほど乗り継がなくてはならないし、
時間が読めないので、偵察の為、駅から直接登れる山を選択。
これはそんな山行の思い出12回目です。

JR奥多摩駅からバスに乗り川乗橋バス停から百尋の滝を目指し川苔山
(川乗山とも言う)へ向かうルートが人気で、たくさんの山ガールを
含めハイカーが訪れるらしい?
「なるほど!」と納得して、「なんでなるほどなんだ!」とつっこみを
入れながら、あまのじゃくの私は裏ルートから登ります。

JR青梅線の鳩ノ巣駅を降りたのは私一人、山ガールなんて一人もいません。
一人黙々と、朝とはいえ背中に残暑の強い太陽光線を浴びながら登ります。
こういうストイックな状況が良いんです!

コブタカ山
1.
a0185639_214972.jpg

意外と急登 下から見るとハゲているような頂上付近が見える。
2.コブタカ山山頂
a0185639_21525916.jpg

本仁田山
3.
a0185639_21541080.jpg

4.本仁田山からの展望1
a0185639_21562213.jpg

コブタカ山からの往復は気持ちの良い尾根道
5.
a0185639_2158618.jpg

6.本仁田山からの展望2
a0185639_21591798.jpg

7.ほおずき
a0185639_2202481.jpg

8.川乗山への道
a0185639_22216.jpg
 
9.川乗山山頂
a0185639_2213157.jpg

コブタカ山から川乗山への道で迷いました。昭文社の地図表記は
きっと間違ってます。それとも通行禁止の看板がおかしいのか?
強引に尾根へ上がり登山道を探しました。このとき私を含めて3人が迷って
ます。
10.川乗山からの展望
a0185639_2232256.jpg

11.トンボ
a0185639_2241663.jpg


12.百尋の滝
a0185639_2244058.jpg

一見の価値有り! すばらしい!
落差40m! 流れ落ちる水の轟音! マイナスイオン全開!
新緑の5月、紅葉の10月、滝の凍る2月 
私は人ごみが嫌いなのでこの時期を外します。
「うん? それじゃ楽しみが無いって?」
「ですよね! でも良いんです。あまのじゃくですから。
と、一人ニヤッと。

ところでマイナスイオンって何だ?

何の物質がイオンになっているんだ?
ネットで調べても良くわからない。
空気、すなわち酸素、窒素、二酸化炭素の
どれかが電荷(イオン化)してるのか?
どうも違うな! 空気じゃないな!
空気中の微細水分に電荷が負荷した状態
を言うんだろう!

滝の水が岩にあたりながら上から落ち、
電荷を帯びて、空気中に微細な水滴と
して拡散する。これが世間で言う
マイナスイオンの正体だ!
きっと?

このマイナスの電荷を帯びた微細水滴が
浮遊している空気を鼻や口から吸うと
呼吸が楽になったり、精神を沈めたり
する効果があるのでは?

2012年9月15日(土)
奥多摩 コブタカ山-本二田山-川乗山-百尋の滝
by top-bluediamond | 2012-12-19 22:08 | おっさんのハイカー紀行
日曜日の西武秩父線の電車の網ダナはごらんのとおりザックだらけ
1.オンパレード
a0185639_2141416.jpg

3月のある晴れた日のハイキングをアップします
2.つらいアスファルト
a0185639_21481979.jpg

どの山へ行っても最近はこのように林道登りから始まります。
林業や生活道路のためには必要ですが、明らかに使われずに荒れた林道も多くなってきたようです。
3.さあ-登山道へ
a0185639_21562525.jpg

すがすがしい気持ちになります
マイナスイオンのおかげかな
4.にっぽんの里山
a0185639_2281570.jpg

奥武蔵の山々、武甲山が右に
5.見える?
a0185639_2213771.jpg

6.スカイツリー
a0185639_221491.jpg

よーく見てください。
真ん中から少し左
7.気持ちいいな-
a0185639_22243473.jpg

8.山には鉄塔
a0185639_22405814.jpg

東京電力の鉄塔はこれぐらいの低山にはいたるところに建ってます。
山登りをする方に、鉄塔マニアがいるんですよ。
いわゆる「鉄ちゃん」です
9.根っこ道
a0185639_22481435.jpg

こういう登山道がとても多いです。30年前に考えられないような景色です。雨で土砂が流れてしまい根っこがむき出しになってしまってます。
長年行われてきた杉の植林が、保水性の無い山を作ってきたのです。その杉も輸入財に押されて
植えても儲からない、林業従事者も高齢化し後継者もいない、だから間伐などの手入れもできない
山は荒れるばかり。
10.
a0185639_23101346.jpg

にっぽんの美しさを伝えるために私に何ができるかな?

撮影記録
2012年3月25日(日)
埼玉県奥武蔵野の山々
ニコンD7000
by top-bluediamond | 2012-06-20 23:14 | おっさんのハイカー紀行
軽ハイキングを再開して5回目の奥武蔵です。とんでもないことが私の身に起こりました。
27日の日曜日、西武秩父線の芦ヶ久保駅を出発し、奥武蔵の二子山(雌岳・雄岳)から武川岳、そして名栗の名郷という里山へ下りる縦走コースを歩いてきました。

1.山のツツジもそろそろ
a0185639_21243095.jpg

芦ヶ久保駅から雌岳へ向かう登山道で

2.武甲山
a0185639_21272085.jpg

秩父の名峰ですが、石灰岩の採掘場となってます

3.焼山山頂から武甲山
a0185639_21302638.jpg

半分削られてます

4.二子山
a0185639_21322366.jpg

登ってきた雌岳、雄岳の山容

5.武川岳山頂
a0185639_21335166.jpg

今回のメーンテーマの武川岳山頂にたどり着きました。

6.天気良好、涼しい風が気持ちよい
a0185639_21422675.jpg

みなさんこれから昼食タイム

7.根っこ通り
a0185639_21453937.jpg

つまづかないように

8.天狗岩
a0185639_2147305.jpg

手ごわいです

9.きのこ
a0185639_21482451.jpg

名前はわかりません

10.下山
a0185639_21504631.jpg

長ーい、急な下りを1時間半下ってきて、この車道に下りる50m手前での斜面で
枯れ枝を踏み登山靴がすべり、両足が中に飛びました。体は崖を一回転し
杉の木の幹にぶつかる手前で、手でかろうじてとどまりました。
ケガは無し。
考え事をしながらよそ見をした途端の転落事故でした。
山での転落事故の多くは下山時に起こると言うことなので
まさにこんな具合に起きるのかと実体験した次第。
気をつけます。

詳しくそのときの情景をお知りになりたい方は
「ヤマレコ」という登山記録専門のホームページに
アクセスしtop-blueのハンドルネームを見てください

11.里山のガーデンテラス
a0185639_2251065.jpg



撮影記録
2012年5月27日(日)
埼玉県奥武蔵の雌岳、雄岳、焼山、武川岳、前武川岳
コンデジ撮影
by top-bluediamond | 2012-05-30 22:08 | おっさんのハイカー紀行
望遠ズーム、広角ズーム、マクロと
3本をもっての山登り、ところが望遠
ズームがスネてしまい言うことを聞い
てくれません。マクロも出番なし。
広角だけの写真となりました。
1.気持ちの良い登り
a0185639_0311780.jpg

2.だれも
a0185639_032247.jpg

3.行けー!
るかな?
a0185639_0335354.jpg

4.眺望良し
a0185639_0351265.jpg

5.鳥居から巾着田
a0185639_0364287.jpg

秋の彼岸花で有名な高麗の巾着田
関東ではメジャー

6.いやー元気
a0185639_0533918.jpg

じーさん、杖一本で登っていきます

7.川面も春めいて
a0185639_0413764.jpg

8.トーテムポール
a0185639_0424423.jpg

高麗駅のシンボルは強烈

山の写真はむずかしい、特に昼間は
ドキッとするシーンは無いです
山里の春、夏、秋、冬
にトライしてみます

撮影記録
2012年3月19日(月)
埼玉県奥武蔵軽ハイキング
ニコンD7000
シグマ10-20mmF3.5 EX DC
ISO320-400
絞り優先オート
-0.3補正
by top-bluediamond | 2012-03-24 00:54 | おっさんのハイカー紀行